自動車保険の更新を忘れたらどうなる?

ほとんどの自動車保険は契約期間が1年となっているため
毎年契約の更新をしなければなりません。
 
では、うっかり自動車保険の更新を忘れてしまっていた場合
どうなってしまうのでしょうか。
 
契約の更新を忘れていた場合の取り扱いは、
契約が切れてからの期間によって変わってきます。
 
 
まず満期日から7日以内の場合、
そのまま契約を継続する場合でも
他の保険会社に乗り換える場合でも、
等級を引き継いで再度契約をすることができます。
 
ただし、これは満期日から「始期」までが
7日以内の場合であって、
申し込みを7日以内にすればいいわけではありません。
 
また保険会社によっては申込日からではなく
始期からしか補償を開始できないところもありますので、
よく確認しておきましょう。
 
 
次に満期日から8日以上1か月以内の場合についてです。
自動車保険には「自動継続特約」がついており、
特に更新の手続きをしなくても自動的に
契約が更新されています。
 
ただし、満期後1か月以内に契約更新の手続きをしない場合には
自動継続がキャンセルとなってしまいますので、
早目に契約更新手続きをすることが重要です。
 
そして1か月以内に契約の更新をすれば、
満期日以降に事故を起こした場合でも
補償をしてもらうことができます。
 
 
最後に満期日から1か月超13か月以内の場合についてです。
この場合、等級を継承することができませんので
6等級からスタートとなります。
 
また以前5等級以下であった場合には
そのままの等級を引き継ぐことになります。

 

事故をしても保険は使わなければ上がらない!

自動車保険は、事故を起こしてしまうと等級が上がる、
というのが常識ですよね。
 
しかしこの常識、厳密に言うと間違っているのです。
とういうことかと言いますと、自動車保険は、
「使ったら」上がるのであって
「事故を起こしたから」上がるわけではありません。
 
つまり、どんな事故を起こしたとしても
保険を使用しなければ保険会社的には
「無事故」として扱われるのです。
 
もちろん無事故として扱われる以上、
翌年の等級も上がります。
 
 
そのため、例えば事故を起こしてしまった場合に
車の修理代よりも保険を使用することによって
値上がりする保険料のほうが高い場合は、
保険を使わない方が得策と言えるでしょう。
 
具体例を挙げますと、車の修理代が30,000円かかり、
これを保険で賄うと等級が下がり
毎年の保険料が50,000円上がってしまうという場合、
保険を使わないで自費で車の修理をしたほうが
安くつくことになりますよね。
 
ただし、相手方との示談交渉等を
スムーズに進めることができない場合や
相手方の損害がいくらになるかわからないという場合には、
保険を使っておいた方が安心でしょう。
 
 
事故を起こしてしまった際は、
保険料がどのくらい上がってしまうのかということも含めて
相談に乗ってもらえますので、
事故を起こしてしまった場合には
保険会社や代理店に相談してみましょう。

 

廃車にする前に車の査定を

車は、購入すれば永遠に現役で活躍してくれる
というものではありません。
 
長年車を使用しているとあちこちが故障してきますし、
その全てを修理するのであれば
新しい車を購入したほうがいいという場合もあります。
 
そして車が動かなくなってしまった場合、
庭に飾っておくわけにもいきませんので、
処分する必要があります。
 
車は単に車体を購入すればいいというだけではなく
登録をしたり税金を払ったりというように、
決められたルールの中で車を所持する必要があります。
 
 
そのため車を処分する場合にも、
所定の手続きを踏んだうえで廃車にする必要が出てきます。
 
そして車を廃車にするためには、
一定の費用を支払わなければなりません。
 
処分するために費用がかかるとは、
車も便利なようで不便なものですね。
 
 
そこでおすすめしたいのが、
車を買取りに出すという方法です。
 
車の買取りをしている業者の中には、
廃車にするしかない車でも買取ってくれるところがあります。
 
動かない車や廃車にするしかないような車でも、
買取ってもらうことができれば廃車費用がかからないばかりか、
いくらかのお小遣いも手に入れることができます。
 
現在所有している車を廃車にするしかなくなった場合には、
諦めないで一度査定に出してみることをおすすめします。
 

 

同じタントでも査定額が変わる

タントは、ダイハツから販売されている人気車種です。
 
ではタントを手放す際、つまり買取に出す際は、
どのくらいの査定額が付くのでしょうか。
 
車を買取りに出すと、
次の車を購入するための費用を捻出することができますので、
少しでも高く買取ってもらいたいところですよね。
 
 
じつはタントは少し前にモデルチェンジをしていますので、
モデルチェンジ前とモデルチェンジごとで
査定額に差が出てきます。
 
当然ですが、モデルチェンジ後のほうが高い査定額が付きます。
 
 
また車の査定額は、そのボディーカラーによっても異なります。
 
というのも中古車販売店は買取った車を販売し、
その差額によって利益を得ています。
 
中古車市場においては人気色であればあるほど高く売れますので、
当然査定額も高くなるというわけです。
 
具体的に言うと、定番色のブラックマイカメタリックやホワイト、
ホワイトパールなどは比較的高い査定額が付きます。
 
また最近は若い女性を中心に可愛らしいカラーも人気があるので、
ライトローズマイカメタリックも他のカラーと比べると
高い査定額が付くようです。
 
 
車を購入する際、ボディーカラーに特に
こだわりがないという方でしたら
人気色を選んでおくというのもいいかもしれませんね。

 

高齢者にも優しいタント

Tags:

タントというと、小さなお子様がいらっしゃる家庭のファミリーカーや、
子育てママが乗る車、というイメージがありますよね。
 
現在放送されているCMからも、
そういったイメージがわいてくるかもしれません。
 
しかし実は、タントはお年を召された方にもおすすめしたい車なのです。
年齢を重ねてくると、どうしても若いころのようには
いかなくなってきますよね。
 
足腰が弱ってきたり、
車いすがなければ外出することができなくなったり・・・、
というように、身体にもいろいろな変化が出てきます。
 
 
そして体が弱ってくると、
そうしても外出するのが億劫になってしまって
家に閉じこもってしまいがちです。
 
 
しかしタントならば、足腰が弱くなった方でも安心です。
タントのドアは助手席と後部座席が大きく開く
ミラクルオープンドアになっており、
ドアをあければとても大きな乗り口が出現します。
 
そのため、杖をついた状態で車に乗り込むこともできますし、
息子さんや娘さんに介助をしてもらいながら
車に乗る混むことも可能です。
 
 
さらにダイハツのタントからは、
助手席がリヤシートになっていたり
車体後部に車いすをスムーズに乗せるための
スローバーがついていたりするフレンドシップシリーズも
展開されています。

 

カラーバリエーション豊富なアウトランダーPHEV

車を購入する楽しみは、
単にドライブをすることがけではありませんよね。
 
もちろん低燃費性や走行性能も重要ですが、
自分の好きなデザイン、
そして好きな色の車を見ていると、
それだけでも幸せな気分になることができます。
 
アウトランダーPHEVは、
カラーバリエーションも豊富に取り揃えられています。
 
 
そこでここでは、アウトランダーPHEVの
ボディーカラーについてご紹介させていただきます。
 
まず年齢や性別を問わず人気のカラーとしては、
ブラックマイカやホワイトパールがあります。
 
これらはいつの時代も変わらず
愛されている定番カラーでもありますよね。
 
またある程度年齢が高めの方からは、
少し落ち着いた雰囲気のチタニウムグレーメタリックや
クールシルバーメタリックといったカラーが人気のようです。
 
さらに若い世代の方からは鮮やかなブルーが印象的な
コズミックブルーマイカやテクニカルシルバーメタリック、
カッパーメタリックといったカラーが人気です。
 
そして女性からの人気が高いのが、レッドメタリックです。
 
以上のようにアウトランダーPHEVは
全8色で展開されています。
 
こんなにも色々な種類のカラーがあると、
どの色をセレクトするのか迷ってしまいますよね。
 

 

子育てママにも嬉しいステップワゴン

 
ステップワゴンは、子育てママにも嬉しい作りになっています。
 
小さなお子様がいらっしゃると、
車に乗るのも何かと大変ですよね。
 
お子様を安全に乗車させなければならないというのはもちろん、
チャイルドシートを乗せ換えたり、
ベビーカーの乗せ降しをしたりというように、
力のいる作業をする必要もあります。
 
 
この点、ステップワゴンは重心が低めに設計されており、
床も低くなっているため小さなお子様でも
スムーズに乗り降りをすることができます。
 
また後部座席のドアは左右とも
電動スライドドアになっており、
駐車スペースが狭いところでも
安全に乗り降りをすることができます。
 
さらにステップワゴンのバックドアは
とても大きく開くようになっているため、
ベビーカー等をボディーにぶつけることなく
スムーズにつむ混むことが可能です。
 
そしてステップワゴンにはドアの開錠や施錠、
エンジンの始動にキーを必要としない
Hondaスマートキーシステムが搭載されておりますので、
お子様と一緒にお買い物に出かける際も安心です。
 
 
一つ一つはちょっとしたことですが、
こういった機能が搭載されているというのは
子育てをしているママにとってとても嬉しいですよね。
 
現在ファミリーカーの購入を検討されている方には、
ホンダのステップワゴンをおすすめします。
 
ステップワゴンは大きすぎるという方は
Nワンという選択肢もありますね。
子育てママに熱い支持をウケるNワン
 

 

Nワゴンの燃費

Nワンに続くNシリーズとして登場した
Nワゴンは、ホンダから販売されている人気の軽自動車です。
車を購入する際、やはり重要になってくるのはその燃費ですよね。
 
車のガソリン代というのは家計の中でも
比較的大きなウエイトを占めるものですので、
できることなら少しでも節約をしたいものです。
 
 
この点Nワゴンは、低燃費性にも優れているため、
できるだけ維持費を安く抑えたいという方にもおすすめの車です。
 
Nワゴンの燃費は、なんとリッター29.2キロも伸びてくれるのです。
この低燃費性は、あの有名なハイブリッドカー
プリウスにも追いつく勢いの数字ですよね。
 
 
この低燃費性の秘密には様々な要素がありますが、
その一つに新しいタイプのアイドリングストップ機能があります。
 
 
これまでは停車した段階でエンジンが停止していましたが、
Nボックスは車が完全に止まる前にエンジンを止めてガソリンを節約するのです。
 
またNワゴンにはECONスイッチがついており、
ボタン一つで車を低燃費モードに切り替えることができます。
 
さらに運転中は、エコインジケーターによって
エコドライブをサポートしてくれます。
 
 
Nワゴンには、地球環境に優しい運転をするために、
そしてガソリン代を節約するために
役立つ様々な最新機能が搭載されているのです。

 

視界良好で安全なタント

Tags:

車を運転するにあたって、全てのドライバーが最も恐れていることと言えば、
やはり「事故」ではないでしょうか。
 
駐車場の壁でこすってしまったとか、
バンパーの角を少しこすってしまったというようなことであれば
修理をすれば済む話ですが、「事故」を起こしてしまうと
そういうわけにはいきません。
 
もしも相手にけがをさせてしまったら・・・、
なんて考えると、運転をすること自体が怖くなってしまいますよね。
 
 
この点タントは、「事故防止」という点にも配慮がされています。
 
まず運転席の視界についてですが、
フロントガラスをドライバーから
できるだけ遠ざけることによって圧迫感をなくし、快適な視界を実現しました。
 
 
またフロントとサイドドア部分をつなぐ部分についても、
斜め前方が見やすいように設計されているため、
右左折をする時の安全確認も十分にすることができます。
 
さらにタントは、運転席からの死角となりやすい部分についても
ドアミラーやフロントガラスから確認できるようになっているため、
例えば車のすぐ近くを歩いて
いる小さなお子様にも気づくことができます。
 
 
事故を起こしてしまう可能性を少しでも低くし、
安心して運転をすることができるというのは、
車を購入するうえで最も重要なポイントですよね。
燃費だけが売りのというわけではありません。

 

魅力がたくさんつまったデイズ

Tags:

デイズは、日産から販売されている人気の軽自動車です。
この車は発売されて以来多くの方から愛されている車で、
2013年にはカーオブザイヤーにおいて6ベストを受賞しました。
 
そんなデイズには、たくさんの賞を取るにふさわしい魅力がいっぱい詰まっています。
 
 
まずは優れた低燃費性。
 
デイズは、リッター29.0キロという驚異の低燃費性を実現しているのです。
子育て中のママは、お子様の送り迎えや買い物などで街中を運転する機械も多いですよね。
 
デイズであれば街中であってもその優れた低燃費性は健在ですので、
車の維持費を安く抑えることができます。
 
 
またデイズには、収納力に優れているという魅力もあります。
 
デイズの車内後部に荷物を積み込むことができるのはもちろん、
後部座席のシートを倒せば大容量空間が出現し、スーツケースや
折り畳み式自転車等も楽々と積み込むことができるのです。
 
ちなみにお子様用の自転車も積み込み可能ですよ。
 
 
さらにデイズは、安全性能にも優れています。
自動的にブレーキを作動させて衝突を回避してくれるのはもちろん、
アラウンドビューモニターを搭載したことで狭い場所への
車庫入れも安全に行うことができるのです。
 
沢山の魅力が詰まった日産のデイズ、本当におすすめの車です。