事故をしても保険は使わなければ上がらない!

自動車保険は、事故を起こしてしまうと等級が上がる、
というのが常識ですよね。
 
しかしこの常識、厳密に言うと間違っているのです。
とういうことかと言いますと、自動車保険は、
「使ったら」上がるのであって
「事故を起こしたから」上がるわけではありません。
 
つまり、どんな事故を起こしたとしても
保険を使用しなければ保険会社的には
「無事故」として扱われるのです。
 
もちろん無事故として扱われる以上、
翌年の等級も上がります。
 
 
そのため、例えば事故を起こしてしまった場合に
車の修理代よりも保険を使用することによって
値上がりする保険料のほうが高い場合は、
保険を使わない方が得策と言えるでしょう。
 
具体例を挙げますと、車の修理代が30,000円かかり、
これを保険で賄うと等級が下がり
毎年の保険料が50,000円上がってしまうという場合、
保険を使わないで自費で車の修理をしたほうが
安くつくことになりますよね。
 
ただし、相手方との示談交渉等を
スムーズに進めることができない場合や
相手方の損害がいくらになるかわからないという場合には、
保険を使っておいた方が安心でしょう。
 
 
事故を起こしてしまった際は、
保険料がどのくらい上がってしまうのかということも含めて
相談に乗ってもらえますので、
事故を起こしてしまった場合には
保険会社や代理店に相談してみましょう。

Comments are closed.