魅力がたくさんつまったデイズ

Tags:

デイズは、日産から販売されている人気の軽自動車です。
この車は発売されて以来多くの方から愛されている車で、
2013年にはカーオブザイヤーにおいて6ベストを受賞しました。
 
そんなデイズには、たくさんの賞を取るにふさわしい魅力がいっぱい詰まっています。
 
 
まずは優れた低燃費性。
 
デイズは、リッター29.0キロという驚異の低燃費性を実現しているのです。
子育て中のママは、お子様の送り迎えや買い物などで街中を運転する機械も多いですよね。
 
デイズであれば街中であってもその優れた低燃費性は健在ですので、
車の維持費を安く抑えることができます。
 
 
またデイズには、収納力に優れているという魅力もあります。
 
デイズの車内後部に荷物を積み込むことができるのはもちろん、
後部座席のシートを倒せば大容量空間が出現し、スーツケースや
折り畳み式自転車等も楽々と積み込むことができるのです。
 
ちなみにお子様用の自転車も積み込み可能ですよ。
 
 
さらにデイズは、安全性能にも優れています。
自動的にブレーキを作動させて衝突を回避してくれるのはもちろん、
アラウンドビューモニターを搭載したことで狭い場所への
車庫入れも安全に行うことができるのです。
 
沢山の魅力が詰まった日産のデイズ、本当におすすめの車です。

 

タントが低燃費なわけ

タントには安全性やデザイン性、機能性など様々な魅力がありますが、
それらの中でも特に注目すべき魅力が、低燃費性です。
 
 
通常、広々としたボディで高さのあるデザインの車は、
燃費が悪いというイメージがありますよね。

しかしタントはダイハツの技術を磨きぬいて作られた車で、
リッターなんと28キロも走ってくれるのです。
 
 
というのもタントは、従来の車両と比較してかなり進化しています。
まずフロントデザインについてですが、
ピラー形状にすることによって空気抵抗を最大限軽減し、
スムーズな走りを実現しました。
 
 
また車体の骨組みには高張力鋼板を使用し、
さらにボディのパーツにも樹脂でできたものを使用することで
車体をかなり軽量化することに成功しました。
 
空気抵抗をなくし、車体を軽くすることによって
大きく高さのあるボディでも低燃費性を実現することができたのです。
 
 
既にご存知のように、軽自動車は税金や保険料などの維持費が普通車と比べてとても安く済みます。
 
そのうえでここまで低燃費であるとなると、
車の使用形態によってはハイブリッド車を購入するよりもかなりお得になりますね。
 
浮いたガソリン代でちょっとしたプチ贅沢をすることもできるかもしれません。

 

プリウスαが選ばれる理由

プリウスαは、発売されるやいなや注文が殺到し、
納車まで数か月待ち状態となってしまったトヨタの人気車種です。
 
 
プリウスαはその名前の通り、トヨタの人気ハイブリッドカープリウスの性能や
低燃費性をそのまま受け継ぎ、さらに進化させたプリウスの進化版ともいえる車です。
 
 
トヨタではもちろんトヨペットやカローラ、ネッツでもプリウスαは扱われておりますので、
お近くの店舗で是非本物のプリウスαをご覧になっていただければと思います。
 
 
そんな人気のプリウスαですが、実は男性だけではなく女性にも人気があるのです。
その理由は、デザインの素晴らしさと経済性。
 
 
 
まずデザイン性についてですが、プリウスαはフロントからバック部分に向かって
弧を描くような流線型にデザインされており、
とてもスタイリッシュで洗練されたフォルムに仕上がっています。
 
 
またカラーバリエーションも豊富で、
ホワイトやブラックだけではなく女性に人気のレッドも展開されています。
 
 
次に経済性についてですが、
プリウスαはプリウスと同じように優れた低燃費性を実現しています。
 
そのため、7人乗りの普通車でありながら維持費を安く抑えることができるのです。
ご家族が沢山いらっしゃる奥様の中には、このプリウスαを選ばれる方も多いようですよ。

 

女性にも嬉しいワゴンRの機能

スズキのワゴンRは、男性だけではなく女性からも人気のある軽自動車です。
そしてその人気の秘密は車内のスペース。
 
まず車内空間についてですが、運転席や助手席はもちろん
後部座席の足元部分も広々としているため、
後部座席に乗った人も窮屈さを感じることがありません。
 
ワゴンRの後部座席は、大人がゆっくりと足を組んで
座ることができるくらいゆったりと作られているのです。
 
 
またワゴンRは、収納スペースも充実しています。
 
中でも嬉しいのは「助手席シートアンダーボックス」。
ワゴンRの助手席シートの下には、とても大きな収納ボックスが設置されているのです。
 
 
そのため、靴やティッシュペーパーの予備、
ファブリーズなど様々なものを収納しておくことができます。
 
そしてこの他にもワゴンRには、センターロアポケットやリッド付インパネボックス、
インパネアンダートレーなど様々な収納スペースがつくられています。
 
 
これだけ沢山の収納スペースがあれば、小さなお子様がいらっしゃる方も
お出かけ用のおむつを入れておくなど様々な用途に使うことができますね。
 
 
機能性や低燃費性、安全性はもちろんのこと収納性にも優れたワゴンR、
多くの女性ファンがいるというのにも頷けますね。

 

次世代セダンの盟主クラウンハイブリッド

クラウンは、日本だけではなく世界的にとても人気があるトヨタの看板カーです。
クラウンのようなどっしりとした高級感のあるセダンは
男性から見ても女性から見ても素敵ですよね。
 
実際、クラウンに乗っている男性というのは女性からのウケもかなりいいようですよ。
 
 
ただこういったタイプのセダンには一つだけ難点がありました。
 
それは、燃費が悪いという点です。
車を所有するとなると、その維持費は深刻な問題ですよね。
特に燃料費が高騰している昨今、車の燃費はとても重要です。
 
 
クラウンと同じクラスのセダンは、
これまでリッター10キロも走らないのが常識でした。
 
 
しかしクラウンにはハイブリッドモデルがあり、
高級セダンでありながらも低燃費性を実現することに成功したのです。
 
クラウンハイブリッドの燃費はなんとリッター23.2キロ。
 
高級車でありながらリッター20キロ以上の低燃費性を実現した車は、
世界中を探しても稀有ではないでしょうか。
 
 
車のブランド性やデザイン性、高級感だけではなく
環境にも配慮した低燃費性を実現するとは、
さすが世界のトヨタといった感じですよね。
 
 
高級車に乗っていながら環境にも配慮しているというのは、
まさにセレブの象徴という感じでもありますよね。

 

子育てママに熱い支持をウケるNワン

Tags:

Nワンは、ホンダから販売されている人気の軽自動車で、
「NEW NWEX NIPPON NORIMONO」というフレーズでもおなじみの
「Nシリーズ」の一つです。
 
そしてこのNワンは、子育て中のママからも人気がある車です。
 
 
その人気の秘密はNワンの機能性の高さです。
Nワンの車内は軽自動車とは思えないくらいに広々としており、
チャイルドシートも楽に積み替えることができます。
 
また後部座席の足元は余裕をもって設計されているため、
大柄な男性が乗られたばあいでも窮屈さを感じることがありません。
 
 
そしてNワンの後部座席はワンアクションでぱたんと倒すことができ、
ラゲッジスペースを大きくすることができます。
 
 
そうすると、車内後部には突如として大空間が出現し、
そこには大きな荷物も楽々と積み込むことができるのです。
 
 
また後部座席は格納するだけではなく座席部分を跳ね上げることもでき、
後部座席の足元空間を広くしてその部分に荷物を積み込むことも可能です。
 
之ならば、折りたたんだベビーカー等を楽につむことができますね。
 
 
以上のようにホンダのNワンには、
毎日子育てに奮闘するママにも嬉しい機能がたくさん詰まっているのです。
 
Nワンが様々な方から愛されているというのにも頷けますよね。

 

最近女性からも支持されるストリーム

ストリームは、ホンダから販売されているコンパクトカーです。
ストリームというと、若い男性や
ご家族のいらっしゃるお父さんが乗る車、というイメージがありますよね。
 
 
しかしストリームは、女性にもおすすめの車です。
 
というのもストリームの車内は、充実の3列シートになっています。
 
3列シートになっていると、1列目はお母様が運転、
2列目にはチャイルドシートをつけてお子様が乗車、
そして3列目にはお買い物の荷物を積み込む、
といったようにシートを使い分けることができます。
 
 
またストリームは、このクラスの車としては
とても優秀なリッター14.2キロという低燃費性を実現しています。
 
お子様がいらっしゃると、学校や塾の送り迎え等で街乗りをする機会も増えてきます。
 
そのため、低燃費で維持費を安く抑えることができるというのは
車選びをするにあたってとても重要なポイントといえるでしょう。
 
 
さらにストリームには無段変速オートマチックが搭載されているため、
道路の状況に合わせてスムースに変速比をコントロールしてくれます。
 
そのためストリームに乗っていると変速ショックを感じることなく
快適なドライブを楽しむことができるのです。
 
 
機能性にも、収納性にも優れたホンダのストリーム、
子育て中のママにも、キャリアウーマンのあなたにも、ぜひおすすめしたい車です。

 

エクシーガが女性にもおすすめの理由

エクシーガは、スバルから販売されているミニバンタイプの車です。

ミニバンというと、どうしても男性が乗るものというイメージがありますよね。
しかしエクシーガは、女性にもおすすめしたい車です。
 
 
その理由としてはいくつかの要素が挙げられますが、まずはボディーデザインについてです。
 
ミニバンというとどうしてもぼってりとした営業車のようなデザインを
イメージしてしまいますが、エクシーガはミニバンでありながらも
スポーティーで洗練された都会的なデザインの車です。
 
 
そのため、オシャレにこだわりのある女性にはピッタリのデザインといえるのです。
 
 
 
またエクシーガには様々な安全性能も搭載されています。
この車に搭載されているアイサイト機能は、
歩行者や自転車等への衝突も回避してくれる、
他の車の安全性能よりも優れた機能を持っています。
 
そのため、あまり運転に自信がないという女性でも
安心して運転をすることができるというわけです。
 
 
さらにエクシーガの車内は、様々なシートアレンジをすることができ、
シートを格納すると大容量のラゲッジスペースが出来上がります。
 
そのため、少し大きなお買い物をした場合でも楽々と荷物を積み込むことができるというわけです。
 
以上のように、スバルのエクシーガには女性に嬉しい魅力がたくさん詰まっているのです。

 

女性からも人気があるベリーサ

マツダのベリーサは、男性だけではなく女性からも人気があるコンパクトカーです。
 
 
その人気の理由には様々な要素が挙げられますが、
その一つに車内空間の広さという点があります。
 
 
ベリーサの車内は2列シートになっているのですが、
運転席や助手席はもちろん、後部座席についてもとても広々とつくられています。
 
 
そのため後部座席に乗った方もゆったりと足を組んで、
快適なドライブを楽しむことができるのです。
 
 
また小さなお子様であれば後部座席でお着替えをすることもできますので、
学校からそのまま習い事に行く場合なども便利ですね。
 
 
またベリーサは、様々な安全機能も搭載されています。
 
ボディーは高剛性のあるMAGMAというマツダが独自に開発した
強靭な素材で作られているということのほか、
事故などで急ブレーキを踏んだ際には足へのダメージを
回避してくれる仕様になっているブレーキペダル、
さらにはボンネットに衝撃吸収構造を採用したことで
歩行者への衝撃を軽減する工夫もなされています。
 
 
 
万が一の時のための様々な安全機能が備わっているというのは、
ドライバーとしてとても安全できるポイントですよね。
 
特に大切なお子様をのせるというままにとっては嬉しい機能なのではないでしょうか。

 

車を廃車にする手続きと必要書類

Tags:

車は、ごみ袋に入れてポイッと捨てるわけにはいきません。
車を処分するためには法律で定められた廃車手続きをする必要があります。
そこでここでは、車を廃車にするための手続きについてご紹介させていただきます。
 
 
廃車には、「永久抹消登録」、「一時抹消登録」、「解体届出」の3種類があります。
 
永久抹消登録とはすでに解体された車や
災害等を原因として使用することができなくなった車を廃車にする場合に行う手続き、
一時抹消登録とはその名の通り、一時的に自動車の使用を中止するという場合に行う手続き、
解体届出とは一時抹消登録をした車を解体した後に行う手続きのことをいいます。
 
 
つまり車を廃車にする場合には、永久抹消登録をする方法と、
一時抹消登録をしたうえで解体届出を出すという方法の
主に2ルートがあるということです。
 
 
そして車の廃車手続きをするためには、
車の所有者の委任状と印鑑証明書、車検証、ナンバープレート、
移動報告番号、手数料納付書、永久抹消登録申請書、自動車税・自動車取得税申告書、といった
書類とナンバープレートが必要になります。
 
 
また永久抹消登録をする場合には、これらの他にも車の解体をした日付のメモ、
もしくは災害に遭ったことを証明する罹災証明書が必要です。
でも廃車にする前に車の査定をしてみるのも良いかも知れませんね。