事故をしても保険は使わなければ上がらない!

自動車保険は、事故を起こしてしまうと等級が上がる、
というのが常識ですよね。
 
しかしこの常識、厳密に言うと間違っているのです。
とういうことかと言いますと、自動車保険は、
「使ったら」上がるのであって
「事故を起こしたから」上がるわけではありません。
 
つまり、どんな事故を起こしたとしても
保険を使用しなければ保険会社的には
「無事故」として扱われるのです。
 
もちろん無事故として扱われる以上、
翌年の等級も上がります。
 
 
そのため、例えば事故を起こしてしまった場合に
車の修理代よりも保険を使用することによって
値上がりする保険料のほうが高い場合は、
保険を使わない方が得策と言えるでしょう。
 
具体例を挙げますと、車の修理代が30,000円かかり、
これを保険で賄うと等級が下がり
毎年の保険料が50,000円上がってしまうという場合、
保険を使わないで自費で車の修理をしたほうが
安くつくことになりますよね。
 
ただし、相手方との示談交渉等を
スムーズに進めることができない場合や
相手方の損害がいくらになるかわからないという場合には、
保険を使っておいた方が安心でしょう。
 
 
事故を起こしてしまった際は、
保険料がどのくらい上がってしまうのかということも含めて
相談に乗ってもらえますので、
事故を起こしてしまった場合には
保険会社や代理店に相談してみましょう。

 

廃車にする前に車の査定を

車は、購入すれば永遠に現役で活躍してくれる
というものではありません。
 
長年車を使用しているとあちこちが故障してきますし、
その全てを修理するのであれば
新しい車を購入したほうがいいという場合もあります。
 
そして車が動かなくなってしまった場合、
庭に飾っておくわけにもいきませんので、
処分する必要があります。
 
車は単に車体を購入すればいいというだけではなく
登録をしたり税金を払ったりというように、
決められたルールの中で車を所持する必要があります。
 
 
そのため車を処分する場合にも、
所定の手続きを踏んだうえで廃車にする必要が出てきます。
 
そして車を廃車にするためには、
一定の費用を支払わなければなりません。
 
処分するために費用がかかるとは、
車も便利なようで不便なものですね。
 
 
そこでおすすめしたいのが、
車を買取りに出すという方法です。
 
車の買取りをしている業者の中には、
廃車にするしかない車でも買取ってくれるところがあります。
 
動かない車や廃車にするしかないような車でも、
買取ってもらうことができれば廃車費用がかからないばかりか、
いくらかのお小遣いも手に入れることができます。
 
現在所有している車を廃車にするしかなくなった場合には、
諦めないで一度査定に出してみることをおすすめします。
 

 

同じタントでも査定額が変わる

タントは、ダイハツから販売されている人気車種です。
 
ではタントを手放す際、つまり買取に出す際は、
どのくらいの査定額が付くのでしょうか。
 
車を買取りに出すと、
次の車を購入するための費用を捻出することができますので、
少しでも高く買取ってもらいたいところですよね。
 
 
じつはタントは少し前にモデルチェンジをしていますので、
モデルチェンジ前とモデルチェンジごとで
査定額に差が出てきます。
 
当然ですが、モデルチェンジ後のほうが高い査定額が付きます。
 
 
また車の査定額は、そのボディーカラーによっても異なります。
 
というのも中古車販売店は買取った車を販売し、
その差額によって利益を得ています。
 
中古車市場においては人気色であればあるほど高く売れますので、
当然査定額も高くなるというわけです。
 
具体的に言うと、定番色のブラックマイカメタリックやホワイト、
ホワイトパールなどは比較的高い査定額が付きます。
 
また最近は若い女性を中心に可愛らしいカラーも人気があるので、
ライトローズマイカメタリックも他のカラーと比べると
高い査定額が付くようです。
 
 
車を購入する際、ボディーカラーに特に
こだわりがないという方でしたら
人気色を選んでおくというのもいいかもしれませんね。