高齢者にも優しいタント

Tags:

タントというと、小さなお子様がいらっしゃる家庭のファミリーカーや、
子育てママが乗る車、というイメージがありますよね。
 
現在放送されているCMからも、
そういったイメージがわいてくるかもしれません。
 
しかし実は、タントはお年を召された方にもおすすめしたい車なのです。
年齢を重ねてくると、どうしても若いころのようには
いかなくなってきますよね。
 
足腰が弱ってきたり、
車いすがなければ外出することができなくなったり・・・、
というように、身体にもいろいろな変化が出てきます。
 
 
そして体が弱ってくると、
そうしても外出するのが億劫になってしまって
家に閉じこもってしまいがちです。
 
 
しかしタントならば、足腰が弱くなった方でも安心です。
タントのドアは助手席と後部座席が大きく開く
ミラクルオープンドアになっており、
ドアをあければとても大きな乗り口が出現します。
 
そのため、杖をついた状態で車に乗り込むこともできますし、
息子さんや娘さんに介助をしてもらいながら
車に乗る混むことも可能です。
 
 
さらにダイハツのタントからは、
助手席がリヤシートになっていたり
車体後部に車いすをスムーズに乗せるための
スローバーがついていたりするフレンドシップシリーズも
展開されています。

 

視界良好で安全なタント

Tags:

車を運転するにあたって、全てのドライバーが最も恐れていることと言えば、
やはり「事故」ではないでしょうか。
 
駐車場の壁でこすってしまったとか、
バンパーの角を少しこすってしまったというようなことであれば
修理をすれば済む話ですが、「事故」を起こしてしまうと
そういうわけにはいきません。
 
もしも相手にけがをさせてしまったら・・・、
なんて考えると、運転をすること自体が怖くなってしまいますよね。
 
 
この点タントは、「事故防止」という点にも配慮がされています。
 
まず運転席の視界についてですが、
フロントガラスをドライバーから
できるだけ遠ざけることによって圧迫感をなくし、快適な視界を実現しました。
 
 
またフロントとサイドドア部分をつなぐ部分についても、
斜め前方が見やすいように設計されているため、
右左折をする時の安全確認も十分にすることができます。
 
さらにタントは、運転席からの死角となりやすい部分についても
ドアミラーやフロントガラスから確認できるようになっているため、
例えば車のすぐ近くを歩いて
いる小さなお子様にも気づくことができます。
 
 
事故を起こしてしまう可能性を少しでも低くし、
安心して運転をすることができるというのは、
車を購入するうえで最も重要なポイントですよね。
燃費だけが売りのというわけではありません。